お悩み

Q

戸建賃貸について知りたい

A

一戸建て賃貸は、賃貸住宅経営の”救世主” とも呼ばれてます。


賃貸住宅経営のポイントは、いかにお金をかけずに “優位性を出せるか(差別化)” を図るか・・・ ということです。
目先の高収益追求よりも、”長期安定性” を重視することが大切です。
そういった面では、「ペットの室内飼育」 が可能な仕様にしておくことは勿論のこと、間取りについても広めのものを造っておくことが大事です。
100㎡近い、もしくは100㎡を超えるような広~い3LDK、4LDKがいいでしょう。


<戸建賃貸住宅経営の優位性>
①供給戸数が少ないので、高い入居率が期待できる。
 → 希少性が高く、長期にわたり高いニーズが見込める。

②分割しやすく、「争続」にもならない。相続税の節税にもなります。
 → 複数で均等に資産を分割でき、「争続」にならない。相続税評価額を下げられる。

③分割売却を視野にいれた資産運用が可能。
 → 何らかの事情で売却を考えた場合、アパートの一棟とは違い1戸ずつ売却可能。

④小さな敷地や、変形敷地でも有効に活用できる。
 → 「戸建」だから、狭小敷地でも大丈夫。旗竿地などの変形地でも対応可能。

⑤総投資額が少なく、ローンの返済負担も軽くなる。
 → 総投資額が少なく、ローンの返済負担も軽くなり、高利回りが期待できる。

⑥駐車場や更地よりも節税効果がある。
 → 駐車場や更地より、土地の固定資産税評価が減少。

⑦私的年金になるので、将来も安心。
 → 定年までにローンを完済すれば私的年金になる。

“失敗しない土地活用” のご相談は、ウィズコーポレーションへご相談ください。


お問い合わせフォーム

Q

最近、空室が心配になってきた

A

まずは、入居者募集(リーシング)の戦略を計画することをご提案します。エリアの特性を分析して想定される入居者像を決めたら、基本的には次の3つを軸に考えます。


いつまでに入居して欲しいのか
・季節変動により需要が変化します


賃料や敷金をいくらにするのか
・募集賃料と成約賃料を想定する


リフォームはどこまで行うのか
・住みたいと思われるお部屋作り

お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

Q

将来の相続税が心配だ

A

賃貸建物を建ててさえおけば、相続税の節税になるとは限りません。


もちろん、「貸家建付地」や「小規模宅地等の特例」の減額が得られますが、これは相続時に現実に貸し付けられていることを前提としています。建築費のローン返済が終了し、全室が空室という場合は「更地評価」となり、節税効果が得られないというケースもあります。将来の資産承継に漠然とした不安がおありになる場合は、専門家へ相談していただくことをおすすめしています。お気軽にご相談ください。


お問い合わせフォーム

貸したい

Q

転勤が決まったので戻ってくるまで自宅を貸したい

A

自宅をしばらく使わないので、これを賃貸して有効活用したい。


自宅を貸す場合は、メリットとデメリットをしっかりチェックしてください。


メリット
・賃貸収入を得ることができる
・「定期借家契約」などで、期間を限定して貸すことができる
・資産の有効活用と保有ができる


デメリット
・空室になれば賃料収入が得られない
・お部屋を貸し出す場合、リフォームが必要になり、費用が発生する
・入居時のトラブルや滞納のリスクがある


自宅を貸す場合、オーナー(貸主)と入居者(借主)との間で賃貸借契約を締結する必要があります。さらに、入居者の募集、入居中のトラブル対応、退去時の精算業務ともなると専門的な知識が必要となってきます。


私たち「ウィズコ管理センター」では、オーナー様のご希望をお伺いした上で、最適なアドバイスをさせていただきます。

お気軽にご相談ください。

賃貸管理サービスの内容

お問合せフォーム

賃貸管理について

Q

管理会社登録制度とは何ですか

A

賃貸住宅の管理業務の適正化を図るために、国土交通省の告示による賃貸住宅管理業の登録制度が創設されました。(告示公布H23.9.30、告示施行H23.12.1)


では、管理会社登録制度で一体何が変わるのでしょうか。

賃貸住宅に関係する法律や商習慣は多岐にわたり、借主のみならず、多くの貸主も管理業務の内容について、必ずしも十分な知識を有しているわけではありません。また、ここ数年、敷金・保証金の返還や契約の更新などの管理業務にかかわるトラブルが増加しています。

こうした背景から創設された制度で、登録の有効期間は5年間。国土交通省は、登録事業者の情報を記載した登録簿を管理し、一般の閲覧に供し、仮に登録事業者が管理事務に関して不適切な行為を行った場合などは、指導や助言、勧告の対象となります。

このように賃貸住宅の管理モデルも「住宅ストック社会」における管理のあり方と連動する形で変革を求められています。


株式会社ウィズコーポレーション
登録番号 国土交通大臣(2)第1833号

国土交通省|賃貸住宅管理業者の詳細情報

Q

アパート・マンションを管理して欲しい

A

アパート・マンションなどの賃貸物件を所有するオーナー様にとって、どのような管理会社に管理委託をするのかということはとても重要な問題です。


委託先の管理会社の能力や運営方針によって、入居率やキャッシュフローが大きく左右されるからです。管理メニューや活動内容を総合的に判断して、決断していただきたいと思います。
まずは、一度ご相談ください。


お問い合わせフォーム

困ったら今すぐご相談ください!

電話、LINE共に、営業時間内でしたら、
専属スタッフがご対応いたします。

営業時間 9:30~18:30
(毎週水曜定休・祝祭日を除く)

Copyright © WIZ CORPORATION
Co., Ltd. All Rights Reserved.